ハウスメーカーに値段交渉する時のテクニック

ハウスメーカーの人たちハウスメーカーを利用して注文住宅の家づくりを検討している、今のところ見積もり段階だけど予算オーバーになっている、何とかして予算内におさえたいけれど値段交渉ってできるのだろうか、このような悩みや疑問が生じるケースは少なくありません。マイホームを作ろうとする際に多くの人々が壁にぶち当たるのが予算と理想のギャップ、希望条件をすべて取り入れてしまえば予算オーバーになってしまう、だからといって妥協して注文住宅を作りたくないし絶対に後で後悔するように思える、このように考える人も多いといえましょう。

このような悩みを持つ人とっての解決策の一つがハウスメーカーに値段交渉を行い、値下げをして貰うやり方です。まず、ハウスメーカーは値段交渉に応じてくれるのか、このような疑問を持つ人も多いかと思われますが、本来の予算よりも数十万円から100万円程度のオーバーであれば値段交渉に応じてくれる会社も少なくありません。ただ、適切なテクニックを使って行わないと値段を下げる代わりに使用する建材のグレードが落とされることがある、その反動で家のクォリティが下がることもあるため注意が必要です。予算に合う家を買うことができても、グレードが下がると理想の家の条件を満たさなくなってしまいます。

値段交渉するテクニックの中にはグレードを下げずに価格を下げるといったことが重要になって来ますが、現状の価格が妥当なものであるのか否かは素人にはわかりにくく、それを把握する方法として他社への見積もりが有効になって来ます。まったく同じ仕様といった家をハウスメーカー各社に依頼することは難しい話ではあるけれども、希望する家の設計および施工費用を提示して貰うことは可能です。ハウスメーカーや工務店によって同じような仕様の家でもトータルコストが数百万円の差が出ることは少なくありません。

相手の顔色を見ながら値段交渉を行ってグレードが下がるのであれば、最初から予算内で理想条件を満たす家を提供してくれるハウスメーカーや工務店を探すのも一つのテクニックといえましょう。それぞれの見積もりは値段交渉を行う際の武器にもなるもの、どうしてもこのハウスメーカーが気に入ってここで家を作りたい場合などグレードを下げずに値段を下げてくれる可能性も高くなります。ちなみに、ハウスメーカーを探すときには、ネットの一括資料請求サイトを使うのもおすすめで、予算に合う家づくりができそうな会社をいくつか絞り込んで見積もりの依頼をされると良いでしょう。

おすすめ記事